古都金沢の暮らしの中に、加賀棒茶。

大嘗祭に加賀棒茶 2019/11/14~15

加賀棒茶
加賀棒茶

皇位継承の重要祭祀である大嘗祭(だいじょうさい)に供えられる加賀棒茶が11/12に、全国各地の特産品「庭積机代物」の一つとして宮内庁に届けられました。

 

この日は35都府県の生産者らが93品を持参しました。宮内庁の講堂の机には、山形のシャインマスカットや新潟の塩引き鮭、石川の加賀棒茶や岐阜の干しアユなど、各地の野菜や果物、海産物が並びました。

 

大嘗祭の当日は47都道府県から計221の特産品が大嘗宮の「悠紀殿」と「主基殿」の前の庭にある「庭積帳殿」に東西に分けて置かれることになります。

 

宮内庁は各都道府県に特産品の推薦を依頼し、品目や量などが決定されました。

 

大嘗祭は日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀です。

石川県庁からのご依頼をいただき、加賀市の打越製茶農業、石川県茶商工業の両協同組合が協力、県産の茶葉の茎を使った特製品をご用意しました。

 

県外で製茶された商品が近年、「加賀棒茶」として販売されることもあり、「本場の味」として、石川の特産品としてのお届けとなりました。

 

金沢でお茶といえば加賀棒茶

加賀棒茶
加賀棒茶

石川県のほうじ茶は茶の茎を焙煎したほうじ茶で金沢で生まれ古くから親しまれており「棒茶」または「番茶」と呼ばれています。

茎茶(棒茶)を焙じた(ほうじた)もので、石川県で親しまれており、金沢が発祥地と言われています。

一般的には焙じ茶は2番茶3番茶等の茶葉を焙煎しますが、金沢では一番茶を用いることが多く香りも豊かで味も格別です。


『加賀茶業の流れ(米沢喜六 著)』によれば、明治35年頃に金沢市の林屋新兵衛が棒茶を開発し、その後、普及したといわれています。 

県内数十社がそれぞれ独自の方法で棒茶を自家焙煎し、その味を高め合っています。 

 

焙煎された芳ばしい香りと、自然な甘味をおびたさわやかな味がその特徴です。 

加賀棒茶 浅煎り
加賀棒茶 浅煎り
加賀棒茶 深煎り
加賀棒茶 深煎り

加賀棒茶
加賀棒茶

 

石川県では県内で焙煎された棒茶について、使用原材料・品質基準・食品添加物を使用していないこと等の品質基準・表示基準・製造管理基準等の認証基準(農安第1751号、平成191022日)を設け、【石川県ふるさと食品認証食品】として登録しています。

 【参考文献 棒茶(炒り茶)の香気成分について 石川県工業試験場】

 

加賀棒茶の日
加賀棒茶の日

 

 

石川県茶商工業協同組合は加賀棒茶を地域団体商標として出願中です。

 

商標使用については こちら からお問い合わせください。

金沢でお茶といえば加賀棒茶
金沢でお茶といえば加賀棒茶